<menu id="ee2ka"><tt id="ee2ka"></tt></menu>
  • <nav id="ee2ka"><strong id="ee2ka"></strong></nav><menu id="ee2ka"></menu>
  • UNWTOの「ベスト?ツーリズム?ビレッジ」に中國から4村が入選

    人民網日本語版 2023年10月20日15:45

    中國文化?観光部(省)によると、現地時間今月19日、ウズベキスタン?サマルカンドで開催されている第25回國連世界観光機関(UNWTO)総會で「ベスト?ツーリズム?ビレッジ」が発表され、中國からは江西省の篁嶺村、浙江省の下姜村、甘粛省の扎尕那(ツァガナ)村、陝西省の朱家灣村が選定された。2021年に選定された浙江省の余村、安徽省の西遞村、2022年に選定された広西壯(チワン)族自治區の大寨村、重慶市の荊竹村と合わせると、中國の「ベスト?ツーリズム?ビレッジ」は8ヶ所となり、世界で最多となった。

    江西省上饒市婺源県の篁嶺村には、秋の収穫物を天日干しする「曬秋」と呼ばれる風習があり、その獨特の美しい景色が中國國內外で人気となっている。約580年の歴史を誇る篁嶺村には、明や清の時代の建築物が100棟以上あり、現存する「徽派建築」を研究する重要なサンプルとなっている。

    浙江省杭州市淳安県に位置する800年以上の歴史を誇る下姜村はここ約20年、生態系回復に積極的に取り組み、村の景観が改善されている。かつては山間部の寒村だった同村は今、人気の郷土料理レストランや民宿があり、果物と農作物が実り、観光客が押し寄せる活気あふれる村となっている。

    標高が平均2800メートル以上の扎尕那村は、チベット語で「石の箱」という意味がある。甘粛省甘南蔵(チベット)族自治州迭部県に屬する村で、険しい山が連なり、雲やもやがかかると、まるで仙境のような景色が広がる。扎尕那村は近年、農村観光を通して生態系保全を強化し、各民族の交流と融合を促進する新たな道を模索している。

    秦嶺山脈の南麓に位置する朱家灣村は陝西省商洛市柞水県に屬し、「山奧にあるためまだほとんど知られていない天然の酸素バー」と呼ばれている。朱家灣村は近年、文化資源を踏み込んで発掘し、秦嶺山脈の舊屋、古道遺跡、柞水県の漁鼓、伝統的な酒作りといった文化遺産が、農村観光の発展において、新たな活気と活力を放つようになっている。

    UNWTOでは2021年から、「ベスト?ツーリズム?ビレッジ」の選定を行っている。今年は、63ヶ國から258件の申請があり、最終的に32ヶ國の54村が選定された。(編集KN)

    「人民網日本語版」2023年10月20日

    免费中文精品无码-自拍中文日本亚洲-精品视频中文字幕-久久少妇亚洲中文
    <menu id="ee2ka"><tt id="ee2ka"></tt></menu>
  • <nav id="ee2ka"><strong id="ee2ka"></strong></nav><menu id="ee2ka"></menu>
  • 注目フォトニュース

    関連記事