2023年黃河無形文化遺産大展で黃河沿い9省の麺塑作品を展示 山西省

人民網日本語版 2023年11月10日15:24

「麺塑(しん粉細工)」は小麥粉などの穀類粉末を材料に、さまざまな形の作品を作り出す。2023年黃河無形文化遺産大展には、黃河沿いある9省?區の麺塑作品が集結した。視覚的にインパクトのある山西省の麺塑、精巧な作りの寧夏回族自治區の麺塑、大らかな作りの陝西省の麺塑など、黃河文明に共通した風格を備えながらも、各地域それぞれの特徴や個性も反映されている。人民網が伝えた。(編集KM)

寧夏回族自治區の麺塑作品(撮影?盧鵬宇)。

寧夏回族自治區の麺塑作品(撮影?盧鵬宇)。

陝西省の麺塑作品(撮影?盧鵬宇)。

陝西省の麺塑作品(撮影?盧鵬宇)。

山西省の麺塑作品(撮影?盧鵬宇)。

山西省の麺塑作品(撮影?盧鵬宇)。

作品を撮影する來場者(撮影?盧鵬宇)。

作品を撮影する來場者(撮影?盧鵬宇)。

麺塑展示エリアでは、二十四節気をテーマにデザインされた花饃(飾り蒸しパン)が來場者の注目を集めていた。精巧なデザインの24個の花饃には、民間の知恵と美意識が凝縮されている。

山西省の二十四節気花饃(撮影?盧鵬宇)。

山西省の二十四節気花饃(撮影?盧鵬宇)。

山西省の二十四節気花饃「立冬」(撮影?盧鵬宇)。

山西省の二十四節気花饃「立冬」(撮影?盧鵬宇)。

山西省運城市聞喜県の麺塑作品展示ブース前では國家級無形文化遺産継承者の衛梅さんが、「聞喜花饃は、千年以上の歴史を誇り、美味しいだけでなく、蕓術的で、さらには地元の獨特な民俗文化をも體現している。今回の展示を通じて、聞喜花饃が、山西省だけでなく、全國に広まることを願っている」と紹介していた。

山西省の麺塑作品(撮影?盧鵬宇)。

山西省の麺塑作品(撮影?盧鵬宇)。

   山西省の麺塑作品で年越しの際に作られる「霍州年饃」を撮影する來場者(撮影?盧鵬宇)。

山西省の麺塑作品で年越しの際に作られる「霍州年饃」を撮影する來場者(撮影?盧鵬宇)。

「人民網日本語版」2023年11月10日

注目フォトニュース

免费中文精品无码-自拍中文日本亚洲-精品视频中文字幕-久久少妇亚洲中文